コクリコ坂から 動画

『コクリコ坂から』の動画を無料視聴するならこちら!

配信動画サイト 配信状況 無料体験と料金
TSUTAYA DISCAS
【無料レンタル】
31日間無料
月額2417円

(※本ページの情報は2020年10月時点のものです。)

 

無料体験期間中の解約なら費用は一切かかりません。

放送 2011年夏
話数 全1話(約91分)
制作 スタジオジブリ
声優 松崎海・・・長澤まさみ

風間俊・・・岡田准一

松崎花・・・竹下景子

北斗美樹・・・石田ゆり子

広小路幸子・・・柊瑠美

松崎良子・・・風吹ジュン

小野寺善雄・・・内藤剛志

水沼史郎・・・風間俊介

風間明男・・・大森南朋

徳丸理事長・・・香川照之

主題歌 手嶌葵「さよならの夏 〜コクリコ坂から〜」

 

1980年に『なかよし』に連載された同名コミックを、「ゲド戦記」の宮崎吾朗監督で映画化した長編アニメーション。1963年の横浜を舞台に、学生運動に身を焦がす若者たちの姿と、出生の秘密に揺れる一組の男女の恋の行方をノスタルジックに綴る。1963年、横浜。港の見える丘に建つ古い洋館“コクリコ荘”。ここに暮らす16歳の少女、松崎海は、大学教授の母に代わってこの下宿屋を切り盛りするしっかり者。そんな海が通う高校では、歴史ある文化部部室の建物、通称“カルチェラタン”の取り壊しを巡って学生たちによる反対運動が起こっていた。ひょんなことから彼らの騒動に巻き込まれた海は、反対メンバーの一人、風間俊と出会い、2人は次第に惹かれ合っていくのだが…。

このアニメを配信しているおすすめの動画配信サービス

動画サービス 配信状況 無料期間と月額とポイント

【無料レンタル】
31日間無料
月額2417円
1100円分の動画ポイント
×
配信なし
31日間無料
月額1990円
600円分のポイント
×
配信なし
31日間無料
月額400円
ポイントなし

×
配信なし
無料期間なし
月額800円〜
ポイントなし

×
配信なし
1ヶ月間無料
月額888円
最大900円分のポイント

×
配信なし
14日間無料
月額1025円
ポイントなし

×
配信なし
2週間無料
月額1650円
1000ポイント

×
配信なし
30日間無料
月額1958円
1958ポイント

×
配信なし
30日間無料
月額562円
ポイントなし

×
配信なし
14日間無料
月額1017円
ポイントなし

×
配信なし
2週間無料
月額960円
ポイントなし

×
配信なし
登録月無料
月額550円
ポイントなし

(※本ページの記載は2020年10月時点の情報です。)

宅配レンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」には、30日間の無料お試し期間があります。

無料お試しを使えば、『コクリコ坂から』のDVDを無料で視聴できます。

 

なお、宅配レンタルと動画配信がセットになったサービスプラン「定額レンタル8」なら、DVDが借り放題で動画配信も見放題なので、動画配信されていない新作アニメを宅配レンタルで見たり、新作の映画などを動画配信で無料で見ることもできます。

無料期間中の解約なら費用は一切かかりません。

AnitubeやGOGOANIMEなどの動画サイトで動画を見ると、スマホやPCがウイルスに感染する恐れがあります。

こうなってしまってからでは遅いので、違法動画の視聴は気をつけたいところです。

公式動画配信サービスが安心安全

・無料お試し期間が長く設けられている
・高画質、高音質で楽しめる
・広告などが出ることもないのでノーストレス
・もちろんウイルス感染の心配もなし

『コクリコ坂から』本編動画

太平洋戦争が終わって18年、日本は焼け跡から奇跡の復活を遂げた。
そして、高度経済成長が始まろうとしていた時代に、復活の象徴として、日本は東京オリンピックの開幕を目前に控えていた。
人々は古いものはすべて壊し、新しいものだけが素晴らしいと信じていた。
煙突から吐き出される煤煙。道路をひしめく車の土埃。
人々でごった返す街。工事や建物の解体作業の騒音。
しかし、それでも海は青く、緑は輝き、空は広く、世界は希望に満ちてキラキラと輝いていた。
そんな時代に、横浜にあったある高校で、明治に建てられた由緒ある建物をめぐって小さな紛争が起きていた。古いけれど、歴史と思い出のつまった建物。
それを取り壊すべきか、保存すべきか。
ある高校生の男女が、そんな事件の中で出会い、心を通わせ、助け合って行く。
ふたりが見出した日本の“明るい未来”とは、何だったのか。
16歳の海と17歳の俊の愛と友情を横糸に、建物をめぐる紛争を縦糸に、この物語は、まっすぐに生きる高校生たちの群像をさわやかに描いてゆく―。

動画共有サイト

公式配信サイトで動画を無料でみる

『コクリコ坂から』感想

めかぶさん

本作はとてもノスタルジックな気持ちになる、懐かしい匂いのする作品です。日常部分から青春映画のような描写まで、昭和38年横浜の設定を生かしている印象を受けました。そこまで起伏のある作品ではありませんが、スッキリとした印象がありたまにはこういう映画を見るのもいいなと思わせる作品でした。

狗が身さん

本作は今までのジブリ作品にあったスケールの大きな描写や圧倒的インパクトのあるキャラクターはありませんが、その分全体的な完成度はとても高い作品だと思います。とても素朴な作品で、懐かしい気分になれる作品だったと思います。

投稿 : 2017/07/06

スタジオジブリ関連作品

風立ちぬ

おすすめ度:★★★★★

・『風立ちぬ』は、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画です。
・本作は、宮崎が『モデルグラフィックス』誌上にて発表した連載漫画『風立ちぬ』を原作としています。
・実在の航空技術者である堀越二郎をモデルに、堀辰雄の小説からの着想も盛り込まれました。
かぐや姫の物語

おすすめ度:★★★★★

・『かぐや姫の物語』は、『竹取物語』を原作としたスタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画です。
・監督は高畑勲が務め、2013年11月23日に公開されたました。キャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」です。
・高畑による監督作品は1999年の『ホーホケキョ となりの山田くん』以来、14年ぶりとなり、高畑は本作公開から4年半後に死去し、本作が最後の監督作品となりました。
思い出のマーニー

おすすめ度:★★★★☆

・『思い出のマーニー』は、2014年7月19日に公開された、米林宏昌にとっては2010年公開の『借りぐらしのアリエッティ』以来4年ぶりの監督作品となったアニメ映画です。
・アニメ版では舞台を現代日本に置き換え、主人公のアンナは日本人少女の杏奈に改変されました。
・一方、マーニーの外見は金髪に青い目の白人少女のままとなっています。
レッドタートル ある島の物語

おすすめ度:★★★★☆

・『レッドタートル ある島の物語』は、2016年の日本・フランス・ベルギーのアニメーション映画です。
・スタジオジブリが、同社としては初となる海外作家の映画製作に参加し、高畑勲監督がアーティステックプロデューサーとして、シナリオや絵コンテ作りなどに関わっています。
・嵐で荒れ狂う海に放り出された男が、九死に一生を得て無人島に漂着し、男は島からの脱出を試みるが、不思議な力で何度も島に引き戻されてしまいます。
天空の城ラピュタ

おすすめ度:★★★★☆

・『天空の城ラピュタ』は、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画作品で、スタジオジブリ初制作作品です。
・監督である宮崎の小学校時代に考えていた架空の作品が骨子となっており、原作となる作品が存在しない初のアニメオリジナルの監督作品です。
・高畑勲の映画『柳川堀割物語』の製作遅延により資金調達に追われた宮崎が、徳間書店の鈴木敏夫に相談したことから企画が立ち上げられました。

『コクリコ坂から』と類似のおすすめアニメ

映画 君の名は。

おすすめ度:★★★★★

・『映画 君の名は。』は、興収250億円を超える大ヒット作!新海誠監督が独自の世界観で描いたアニメ映画です。
・新海誠監督が練り上げた独特の世界観と映像美、生きる世界の異なるふたりが心を通わせていくストーリーなど、見どころは多数です。
・RADWIMPSの楽曲の使われ方も必見です。
遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ

おすすめ度:★★★★★

・『遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ』は、長寿展開の原点!迫真のカードゲームバトルを繰り広げていくTVアニメ第2弾です。
・本作は、カードバトルを主体としたTVシリーズで、アニメオリジナルエピソードには10カ月におよんで放送されたものもあります。
・そこで生まれた多数のオリジナルキャラとカードも必見です。
劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS

おすすめ度:★★★★☆

・『劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』は、知られざる『遊☆戯☆王』の後日談がここにある!完全オリジナルストーリーの劇場版です。
・本作は、原作者の高橋和希が製作総指揮を担当しています。
・闇遊戯ことアテムが遊戯の元から去った後、それぞれの成長や、彼らが選択する未来など、シリーズファンなら特に泣けるポイントが多数あります。
真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝

おすすめ度:★★★★☆

・『真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝』は、作画・原哲夫、原作・武論尊による人気コミックスの新アニメシリーズ第2弾です。
・ケンシロウら北斗4兄弟の幼少時からサウザーとの対決の決着までをユリアの視点で描きます。
・南斗最後の将としての運命、レイやトキとの出会いなど、原作の裏側が語られていきます。
真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章

おすすめ度:★★★★☆

・『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章』は、荒廃した世界を舞台に、宿命を背負う者たちの激闘を描いたアニメシリーズ第3弾です。
・名作「北斗の拳」でも白眉といえる、ラオウとケンシロウによる最後の死闘を描きます。
・対決シーンはもちろん、原作では深く語られなかったラオウの知られざる心情も見逃せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です