耳をすませば 動画

『耳をすませば』の動画を無料視聴するならこちら!

配信動画サイト 配信状況 無料体験と料金
TSUTAYA DISCAS
【無料レンタル】
31日間無料
月額2417円

(※本ページの情報は2020年10月時点のものです。)

 

無料体験期間中の解約なら費用は一切かかりません。

放送 1995年夏
話数 全1話(約111分)
制作 スタジオジブリ
声優 月島雫・・・本名陽子

天沢聖司・・・高橋一生

月島靖也・・・立花隆

月島朝子・・・室井滋

フンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵・・・露口茂

西司朗・・・小林桂樹

 

宮崎駿がプロデュース、「火垂るの墓」「魔女の宅急便」で作画を務めた近藤善文が監督にあたった青春アニメ。中学生の男女が繰り広げる淡い恋愛模様を、さわやかなタッチで綴る。思春期の不安や、複雑な乙女心、将来への不安と憧れなど、恋愛ストーリーの定番的要素を瑞々しい人間ドラマとして昇華。劇中劇として登場する、『イバラード博物誌』の井上直久が手掛けた幻想的な美術も素晴らしい。本が大好きな中学生の少女・雫。彼女はある時、図書カードに何度も連ねられた男子の名を見つける。その男子・天沢聖司の名に、淡い恋心を抱く雫。だが実際の天沢は、ぶしつけで粗野なヤツだった・・・。

このアニメを配信しているおすすめの動画配信サービス

動画サービス 配信状況 無料期間と月額とポイント

【無料レンタル】
31日間無料
月額2417円
1100円分の動画ポイント
×
配信なし
31日間無料
月額1990円
600円分のポイント
×
配信なし
31日間無料
月額400円
ポイントなし

×
配信なし
無料期間なし
月額800円〜
ポイントなし

×
配信なし
1ヶ月間無料
月額888円
最大900円分のポイント

×
配信なし
14日間無料
月額1025円
ポイントなし

×
配信なし
2週間無料
月額1650円
1000ポイント

×
配信なし
30日間無料
月額1958円
1958ポイント

×
配信なし
30日間無料
月額562円
ポイントなし

×
配信なし
14日間無料
月額1017円
ポイントなし

×
配信なし
2週間無料
月額960円
ポイントなし

×
配信なし
登録月無料
月額550円
ポイントなし

(※本ページの記載は2020年10月時点の情報です。)

宅配レンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」には、30日間の無料お試し期間があります。

無料お試しを使えば、『耳をすませば』のDVDを無料で視聴できます。

 

なお、宅配レンタルと動画配信がセットになったサービスプラン「定額レンタル8」なら、DVDが借り放題で動画配信も見放題なので、動画配信されていない新作アニメを宅配レンタルで見たり、新作の映画などを動画配信で無料で見ることもできます。

無料期間中の解約なら費用は一切かかりません。

AnitubeやGOGOANIMEなどの動画サイトで動画を見ると、スマホやPCがウイルスに感染する恐れがあります。

こうなってしまってからでは遅いので、違法動画の視聴は気をつけたいところです。

公式動画配信サービスが安心安全

・無料お試し期間が長く設けられている
・高画質、高音質で楽しめる
・広告などが出ることもないのでノーストレス
・もちろんウイルス感染の心配もなし

『耳をすませば』本編動画

月島雫は、明るく読書好きな女の子。中学3年になって、周りは皆受験勉強で一生懸命なのに、いつも学校の図書館や市立図書館で本を読みふけっていた。雫はある日、図書館の貸し出しカードに「天沢聖司」という名前を発見する。雫が読む本には必ずといっていいほどその名前があった。やがて、雫はひとりの少年と出会う。中学を卒業したらイタリアへ渡って、ヴァイオリン職人の修行をしようと決意している少年。その少年こそが「天沢聖司」であった。雫は聖司に惹かれながらも、将来の進路や未来、そして自分の才能にもコンプレックスと焦りを感じていた。やがて、雫は聖司の生き方に強く心を動かされ、聖司の祖父・西老人が経営する不思議なアンティークショップ「地球屋」にあった猫人形「バロン」を主人公にした物語を書き始めるのだった…。

動画共有サイト

公式配信サイトで動画を無料でみる

『耳をすませば』感想

Marsaさん

本作は主人公の中学三年生、月島雫が同級生の天沢聖司に恋をしながら人間として成長する青春もののラブストーリーです。本作が公開されたのは1995年と今から25年ほど前なのですが、今でも色あせない作画の作りこみは凄いと思います。全体的にまとまっており、すっきりとした物語です。

バンバンさん

本作は、人が自分のやりたいことを見つけ、その目標に向けて何が必要なのかを考え行動するというとても重要なことを説いている素晴らしい作品だと思います。人はその重要なことを忘れがちですが、それを行うことがいかに必要かを知らされます。どれだけ重要かを知ってもらうために、全国の中学生に見せるべき傑作だと思います。

スタジオジブリ関連作品

平成狸合戦ぽんぽこ

おすすめ度:★★★★★

・『平成狸合戦ぽんぽこ』は、1994年にスタジオジブリで制作されたアニメーション映画作品です。
・開発が進む多摩ニュータウン(多摩市)を舞台に、その一帯の狸が化学(ばけがく)を駆使して人間に対し抵抗を試みる様子を描く作品です。
・数年に1度、日本テレビ「金曜ロードショー」枠で再放送されており、スタジオ内の初のCG使用作品でもあります。
もののけ姫

おすすめ度:★★★★★

・『もののけ姫』は、宮崎駿によるスタジオジブリの長編アニメーション映画作品です。
・本作の世界観は、照葉樹林文化論の示唆を受けており、「従来の日本の心象が出来る前の日本」を浮かび上がらせようとしています。
・参考となったのは中尾佐助の『栽培植物と農耕の起源』であり、日本文化の基底は稲や稲作農民ではないことが明らかにしました。
ホーホケキョ となりの山田くん

おすすめ度:★★★★☆

・『ホーホケキョ となりの山田くん』は、高畑勲監督によるスタジオジブリの長編アニメーション映画です。
・たかし・まつ子の結婚から、のぼる・のの子の誕生と成長、山田家とそれを取り巻く人々の日常茶飯事やよしなしごとがを描きます。
・折々に松尾芭蕉や与謝蕪村、種田山頭火の俳句を挟んで歳時記としています。
千と千尋の神隠し

おすすめ度:★★★★☆

・『千と千尋の神隠し』は、宮崎駿監督の、スタジオジブリの長編アニメーション映画です。
・10歳の少女、荻野千尋はごく普通の女の子で、夏のある日、両親と千尋は引越し先の町に向かう途中で森の中に迷い込み、そこで奇妙なトンネルを見つけます。
・嫌な予感がした千尋は両親に「帰ろう」とすがりますが、両親は好奇心からトンネルの中へと足を進めてしまいます。
猫の恩返し

おすすめ度:★★★★☆

・『猫の恩返し』は、森田宏幸監督によるスタジオジブリのアニメーション映画です。
・スタジオジブリの作品『耳をすませば』の主人公・月島雫が書いた物語、という位置づけの作品で、本作はスピンオフ作品にあたります。
・猫の男爵バロンが2作に共通して登場し、宮崎駿のリクエストをうけて柊あおいが描き下ろしたコミック『バロン 猫の男爵』を原作とする作品となります。

『耳をすませば』と類似のおすすめアニメ

恋する天使アンジェリーク ~かがやきの明日~(2期)

おすすめ度:★★★★★

・『恋する天使アンジェリーク ~かがやきの明日~(2期)』は、きっと出会える、私だけの王子様…イケメン守護聖と繰り広げる恋愛ファンタジー第2弾です。
・女性向け恋愛ゲームの原作で、サテライトが制作したファンタジー作品第2弾です。
・前作とは逆に守護聖捜索の物語になっており、守護聖候補とエンジュの成長物語にもなっています。
機動戦士ガンダム00(ダブルオー) (1期,2期)

おすすめ度:★★★★★

・『機動戦士ガンダム00(ダブルオー) (1期,2期)』は、ガンダムによる全戦争行為への武力介入を開始する!女性からの人気も高い作品です。
・元少年兵などつらい過去を抱えた少年たちが戦争根絶を目指す「ガンダム」シリーズの一作です。
・世界を丹念に描いた序盤から一気に加速する号泣必至の終盤まで、名シーンの連続です。
機動戦士ガンダム00 スペシャルエディション

おすすめ度:★★★★☆

・『機動戦士ガンダム00 スペシャルエディション』は、ガンダムによる武力介入を開始する!TVシリーズを再構成、新作カットも加わった特別編です。
・「ガンダム00」の物語の中核をなすイオリア計画を軸に再構成しており、新規カットなどの追加により物語に新鮮な切り口と余韻も生まれています。
・1部の「ソレスタルビーイング」はテレビシリーズの1期部分、2部「エンド・オブ・ワールド」は2期の前半、3部「リターン・ザ・ワールド」は2期後半にあたります。
サクラ大戦 ニューヨーク・紐育

おすすめ度:★★★★☆

・『サクラ大戦 ニューヨーク・紐育』は、紐育華撃団の新たなる戦いの幕が上がる!「サクラ大戦」OVAシリーズ第5弾です。
・おなじみの新次郎扮する女優「プチミント」が登場してまさかの大活躍を見せます。
・原作ゲーム「サクラ大戦V」の後、相変わらずのドタバタな日常を送る星組の面々にほっこりします。
カーニヴァル

おすすめ度:★★★★☆

・『カーニヴァル』は、独特のきらびやかな世界がクセになる!美男美女たちが活躍する活劇ファンタジーです。
・御巫桃也による漫画が原作とした、アクション&シリアス、時に癒しもありのダークファンタジーです。
・独特な雰囲気と、ひと癖もふた癖もあるキャラクターたちから目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です